« 高松です! | トップページ | 雪の江戸川 »

2008年1月29日 (火)

新鋭王座より帰郷しました

山口剛選手の優勝で幕を閉じた新鋭王座決定戦。いやあ、一節間、面白かったなあ。ハツラツとしたレースぶり、失敗を恐れない思い切ったターン、そして枠なりのほうが少ないくらいだった進入争い、すべてが面白い新鋭王座でした。

丸亀からは、昨日の朝の飛行機で帰郷しました。行きの飛行機では、福岡出走の山崎義明選手ら埼玉勢や新鋭王座出場の木村浩士、久田敏之、石塚久也選手に会ったのですが、帰りも新鋭王座出場選手と一緒の飛行機で、何人かの選手と顔を合わせました。山田哲也、長田頼宗の東京支部両選手は、当然、羽田に帰るわけですから、一緒になってもおかしくなかった。久田、木村の群馬支部両選手も同様ですね。で、ゲートをくぐり、搭乗を待っていたら、原豊土選手、古賀繁輝選手も登場。原選手は静岡、古賀選手は佐賀ですから、本来は羽田行きに乗る理由などないのですが……。

実は、新鋭王座でフライングを切ってしまった選手は、翌日に全モ連に“出頭”し、指導を受けなければならなかったんですね。原、古賀、そして木村選手が、その該当選手でした。羽田に着いて、荷物が出てくるのを待つ間、喫煙室でタバコを吸っていたら、その3人の選手とたまたま一緒になりました。もろもろ話したのですが、僕はこう思っています。「フライングは責められても仕方ないが、勝負をかけてのFなんだから、気にする必要はない!」ということ。特に、古賀選手が準優でインを奪い切って、しかもスタートを踏み込んだことは(踏み込みすぎでしたけれども)、カッコいいことだ!と思うのです。そのあたりも直接話しながら、彼らの本音もちらりと聞けて、ちょっと貴重な時間が過ごせたなあ、と。実はミーハーなもので……。3人とも非常に礼儀正しく、実に好青年で、これからも応援したくなりましたね。

3人だけではなく、新鋭王座に出場し、健闘した若者たちには、これからもぜひ頑張ってほしい、飛躍してほしいと思います。頑張れ!

« 高松です! | トップページ | 雪の江戸川 »

競艇」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
競艇サポーターズのHPから来ました。
普段は戸田をホームとしてます。
週末は実家のある福岡に里帰りしていて、帰りの空港搭乗口で埼玉勢(山崎選手・秋田選手)とばったり会いました…(苦笑)
別の搭乗口で時間がなかったのでそのまま会釈だけして通過しましたが、突然のことでビックリしました。。。
新鋭でF切った選手が翌日東京に“出頭”とは…
選手の皆さんは大変ですね。。。

初めまして!新鋭王座お疲れ様でした!
とても内容の濃い記事ばかりでとても参考になり、
感動すら覚えました。
ところで、競艇サポーターズに参加したく、
1月21日(新鋭王座決定戦・前検日!)にメールを送ったのですが、届かなかったでしょうか?^^;
是非参加したく思い、書き込みしてしまいました。
よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517618/10139621

この記事へのトラックバック一覧です: 新鋭王座より帰郷しました:

« 高松です! | トップページ | 雪の江戸川 »

無料ブログはココログ